日本も義務教育を無くせばホームスクールも可能になる

教育義務と義務教育はぜんぜん違う意味です。それを踏まえて読んでください。
日本の憲法には、保護者が学校に行かせる義務のことが書かれています。法治国家である以上、それに従わなくてはなりません。
保護者は、学校に行かせなければいけない義務があるのです。これを義務教育と言います。
家庭で教育したい場合、今のところ認められていません。学校側から、先生が自宅に来て勉強を教えるのは、普通教育を受けさせる義務になりますので、義務教育していると考えても良いと思います。(来るか来ないかは学校側の考え方次第です。)
私は、保護者に、義務教育をさせるのではなく、本来生まれ持っている子供を育てる義務(教育義務)だけを負わせるのが自然だと考えます。
今までの日本の歴史を考えると、学校に行きたくても行けなかった時代から、いつでも行ける時代になったので、時代の変化とともに変えていく必要はあると考えます。
うちはホームスクールをするという考え方の方、きちんと考えてから行動していますよね。自分勝手な判断や行動は出来ないのは、教育をされてきた方はわかると思います。
義務教育の説明は、どうされていますか。特に6歳、7歳くらいのお子さんのいる家庭の方が気になります。子供は100%理解して、自ら学校に行かないと選択したのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク