今、何が日本の学校で起きているか

日本の教育レベルは高いと前回書きましたが、何の教育レベルが高いかというと、教えられた事をきちんとできる能力は高いです。
国語、算数、など基本的なことと、警察が動くような事件を起こさないことについては、きちんと守る能力は身についています。
でも、コミュニケーション能力は、かなり低いです。
今の首相と野党第一党の党首を見ていると、コミュニケーション能力が低いことがよくわかります。日本のトップがその程度なら末端の人間は、それほどでも無いと考えます。
このコミュニケーション能力ですが、こんなことから考えてみてはどうでしょうか。
「お父さん、隣や近所の小中学生の子供の名前が全て言えますか?」
「子供のクラスの全員の名前がフルネームで言えますか?」
この2つについてはどうでしょうか。
自分の近所の子供の名前がわかりませんか?
自分の子供が行っているクラスの子たちが誰だか知らないのですか?
お父さん、これで十分子供とコミュニケーションが取れていると言えますか。子供たち同士が学校で何を話しているか知っていますか?
お父さんとお母さんがしていることを学校で話しています。学校の先生は、そのことを知っています。でも大人ですから言わないだけです。
学校が問題なのではなく、お父さんが問題なのです。
学校の先生たち、子供たちのために、今考えてみてください。書いている意味がわからないお父さんは、かなり重症です。社会では偉い人かもしれません。地位も肩書きもあって立派な人です。
でも、今いる家の中の事、家族のことがわからないのは、恥ずかしいと思いませんか。
私もお父さんです。日本人のレベルを下げないためにもお父さん頑張りましょう。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク